男性の興奮が5割増し「名前を使ったテクニック」

handsome man and sexy woman hugging with closed eyes

男性の興奮が5割増し「名前を使ったテクニック」

セックスで、男性を気持ちよくさせようと思ったら、とうぜんですが、テクニックというものが必要になってきます。

 

触り方、舐め方、動き方などの接触的な行為を駆使して、気持ちよくさせようと試みるはずです。

 

ただ、「そればかりがセックステクニックではない」ということくらい、これをご覧の皆様なら、すでにご存知ですよね。

 

仕草であったり、目線であったり、それこそ下着のチョイスなんかも、もはやテクニックと言えるのかもしれません。

 

そして、その中には「言葉」というのも含まれていますよね。

 

どんな言葉を発するのか?

 

どんな言葉でコミュニケーションを取るかによって、パートナーの興奮度は大きく左右されていくはずです。

 

実のところ、この女性の言葉によって、男性の快感や興奮は、2割増し、3割増しになることが大いにあるのです。

 

言葉というと、どうしても「言葉責め」のようなテクニックを思い浮かべるかもしれませんが、卑猥な言葉を言ったり、エッチな言葉を言うばかりが、言葉の魅力ではありません。

 

もちろんそういった言葉責めも、立派な言葉によるコミュニケーションですし、これも男性の快感や興奮を割り増しさせる1つの方法であることは、間違いありません。

 

でもね。そればかりが言葉の魅力ではないんですよ。

 

確か。以前にも、言葉をテーマにした内容を、お伝えしたことがあります。

 

・「あなたとのセックスは最高!」だと思わせる『魔法の言葉』

https://soranoki-japan.com/mags/76023/


今回は、よりシンプルな言葉。

 

「名前を呼ぶ」

 

ここにぐっとフォーカスしてみようかと思います。

 

とは言いつつも、びっくりするほどシンプルな内容なので、お伝えすることも、それほど多くはありません。

 

・男性は、名前を呼ばれて、どんな気持ちになるのか?

 

・どういうふうに伝えたら、より効果的なのか?

 

このあたりに的を当てて、男性の視点からご紹してみようと思います。

 

 

 

▼ 名前が関係の一体感を生む。

 

 

 

さて。

 

名前を呼ばれるって、なんだか嬉しくありませんか?

 

自分のことを、ちゃんと理解してくれているような、安心感を覚えますよね。

 

それと、苗字で呼ばれるのと、名前で呼ばれるのとでは、気持ちが変わってきませんか。

 

下の名前で呼ばれた方が親近感を覚えるというか、より二人の距離が近づいたように感じるはずです。

 

これって、日常の中だけに限らず、セックスでも言えることなんです。

 

「名前を呼ばれる」

 

たったそれだけのことで一体感が生まれるというか、興奮度が全く異なってくるんです。

 

もちろん、名前と言っても、あだ名とかでも大丈夫ですよ。

 

お互いに呼び合っている、あだ名なんかがあれば、その呼び方で全然構いません。

 

ただ、これは日本人特有の文化なのかもしれませんが、相手のことをオマエとか、貴方なんていい方もしますよね。

 

とくに関係を長く築くことで、最初は、名前で呼んでいたとしても、徐々にオマエとか貴方という言い方になってしまったり。

 

結婚して子供ができることで、今度はお互いのことを、お父さん、お母さん、パパママなんて呼ぶようになったりしますよね。

 

男女の関係というのは、時間の経過と共に、名前で呼ぶ機会が、少なくなっていくような気がします。

 

でもこれって、どう考えても勿体ないんですよ。残念でしかないんです。

 

 

 

▼ 名前を呼ぶときのコツ。

 

 

 

ここまでお伝えしてお分かりいただけたように、名前を呼ばれるだけで、人の気持ちは変わります。

 

過去の夜のメルマガでも、「魔法の言葉」としてご紹介したことがありますが、例えば、「気持ちいい」「もっとして」「やめないで」など、こんなシンプルな言葉であっても、セックスの最中に言われることで、えらく興奮してしまいます。

 

んでもって、ここに男性の名前をプラスすると、その効果は「5割増し」と、効果を発揮します。

 

分かりやすく、相手がボクだとして考えたら、名前は「そら」になるわけですから。

 

そら、気持ちいい〜

 

そら、もっとして〜

 

そら、やめないで〜

 

大好き〜

 

なんて、言われるだけで、めちゃくちゃ興奮しちゃうんです。

 

(こうやって書いているだけでも、興奮してきちゃった。笑)

 

また、「入れて」「舐めて」「欲しい」みたいな行動を促す場合であっても、

 

そら、舐めて

 

そら、欲しい

 

そら、入れて……

 

そこに名前をプラスするだけで、興奮度は増し増し。さらには、言われたことをしてあげたくもなっちゃいますね。

 

もっと言えば、「気持ちいい」とか「もっとして」といった言葉がなくても

 

そら~

 

そら〜〜

 

そら〜〜〜

 

なんて感じで、名前を連呼されるだけでも、十分興奮しますし、強い愛情を感じます。

 

そこに名前があるかないか。

 

たったそれだけの違いなのに、興奮度は、壮絶に変わってくるわけです。

 

なので、普段、名前ではなく、苗字などで呼び合っているカップルも、急には変えられないでしょうから、せめてセックスの時だけでも、勢い任せに呼んであげてもいいかも。

 

その瞬間、間違いなく男性の中には、興奮が生まれるはずですから。

 

 

いかがでしたか?

 

ボクの感覚からすると、相手を下の名前で呼んでいないカップルって、意外といたりすると思うんです。

 

「カレのことを名前で呼びたいんですが、男性は迷惑ではないでしょうか?」

 

などのようなご質問を、時々、頂戴することがありますから。

 

もちろん、その恋の形態によって、「下の名前で呼ばれたくない」という男性もいるでしょうが、その多くは社内恋愛だったり、不信に思われないための防衛策であったりします。

 

男の本心をいえば、名前で呼んでもらえた方が、断然、嬉しいんですよ。

 

ですから、たとえ、訳ありのカップルの場合であっても、セックスの最中であれば、全く問題ありませんので、ぜひ、相手を名前、もしくはあだ名で呼んであげてください。

 

素っ裸になって、豊かに、無条件に愛し合いましょうね。

 

ではでは、ハッピーなセックスライフを

スピリチュアリスト 空(そら)

コメント

タイトルとURLをコピーしました